不動産投資セミナー関連情報

HOME他の投資と不動産投資の違いについて

最終更新日:2017/09/19

他の投資と不動産投資の違いについて

二階建ての家

別項でもある程度触れましたが、このコラムでは不動産投資が他のジャンルと比べてどういった点で違うのかを、より具体的に解説していきます。投資に興味のある方はじっくり読んで参考にしてみて下さい。少しでも他の投資ジャンルとの違いを理解できれば、実際の不動産投資を行ううえで意義やメリットを意識しやすくなります。
不動産投資は株取引など先読みが必要となる投資ジャンルと違い、自然災害といった大規模な物理的地理変動でも起こらない限り、「土地そのものが消失しない」という最大の特徴があります。一度その土地オーナーになってしまえば、地価の変動はあれど土地自体の所有権を失う事はまず無いと言えるでしょう。とは言え地震大国日本では土地消失のリスクは全くのゼロではありませんが、それだけに地震保険を始めとする各種災害保険制度も充実しているのがこの分野の優位性となっているのです。
また、前述したように一般的な株式取引というのは物価の先読み能力や情報収集なども必要となってきます。企業の業績や景気や金利の問題、社会情勢や投資家の動向などなど、非常に幅広いデータ収集が求められるデリケートな投資ジャンルだと言えるでしょう。それに比べて不動産投資は、一度安定物件のオーナーになれば、よほどでない限り価格の大きな変動はありえません。注目しておくべき要素も「不動産業界」だけに限定されますので、データ収集やビジネス業界に疎い人でも継続的な投資を続けやすいと言えるのです。もちろん安定物件に胡坐をかいて何もしなくて大丈夫という事はありませんので、物件オーナーになった際は最低限、周辺エリアの地価相場などは普段からチェックしてくようにしましょう。
これだけでなく、不動産投資は多ジャンルと違った優位性やデメリットというのが明確に存在しています。経済の知識に精通していない素人であっても、ある程度の資金さえあれば手を出せるのが不動産投資の魅力となります。多ジャンルとの投資における違いをよく踏まえたうえで、スマートで利幅の大きい理想的な不動産投資を目指していきましょう。
不動産投資はサラリーマンやOL、一般的な自営業の方でもチャンス豊富な個人投資家向けの世界です。どんな世界でも業界の特徴やシステムに精通している人ほど勝利していくのが世の常であり、不動産投資というジャンルでも全く同じ事が言える事を覚えておいて下さい。夢のマンションオーナーを叶えるためにも、一般的な株取引に関する基本情報も同時に知っておくのが賢いやり方です。

一覧はこちら

不動産投資セミナーランキング

TOP