不動産投資セミナー関連情報

HOME不動産投資のデメリット

最終更新日:2017/09/19

不動産投資のデメリット

素敵な家

比較的リスクが低いと言われる不動産投資という分野であっても、全くリスクやデメリットがゼロという事はありません。不動産に限らず投資というのは公的なギャンブルとも言えますので、チャレンジするのであればリスク面についても事前に確認しておくのが常識です。
代表的なリスク、というよりは敷居の高さと言えるのが、不動産投資に必要な投資資金が他の投資分野に比べて非常に高額だという点です。何しろ土地や建物を購入する事となるので、都会であれば最低でも数百万円以上は資金を用意しなくてはならなくなるでしょう。そういった事情からも、購入後の運営に失敗してしまうというのは金額的も大きなリスクとなるのです。最近では格安の中古ワンルーム物件や分割払いできる投資ローンが増えている分、収入の少ない一般庶民でも気軽に不動産投資に手が出しやすくなている状況があります。それだけに、思わぬところで大きな負債額を背負ってしまう事にもありかねませんので、不動産投資を行う際は投資額の高額リスク面についてしっかりと確認しておくのがまず大事だと覚えておきましょう。
それと同時に押さえておくべきが、不動産投資には多くの税金問題が絡んでくるという部分です。一般的に不動産投資というのは、不動産を買った時、オーナーとして所有した時、売りに出した時それぞれで税金が発生してしまいます。不動産投資を行ううえで避けて通れないのが「固定資産税」「都市計画税」「所得税」「譲渡税」に関する知識だと覚えておきましょう。確定申告も併せてこれら税金の知識を学んでおかないと、思わぬタイミングで経済的損失を被ってしまう可能性があります。
高額な投資金額もそうですが、税金などお金に関する不動産リスクはテーマごとの不動産投資セミナーの無料参加などで質問してみるのも方法です。不動産投資セミナーの無料開催は都内を中心に多くあり、特に「お金」についてテーマを絞った講演ならよりダイレクトにリスク面について学ぶ事ができるでしょう。
もちろんプロデュース実績が豊富な不動産専門業者も良いアドバイスをやってくれると思います。親身に関わってくれる不動産業者であれば、事前に投資シミレーションなども行ってくれますので、是非参考にしてみて下さい。人によっては高額な投資分野ですので、慎重に慎重を重ねたうえでの選択と決断をしていくのが基本だと覚えておいて下さい。
その他にも不動産投資のリスクを軽減するノウハウは多数ありますので、情報サイトを始め、各種専門書籍などに普段から目を通しておくようにしましょう。

一覧はこちら

不動産投資セミナーランキング

TOP